コンピューターに頼る

コンピューターに依存する

トップ / コンピューターに依存する

コンピューターミシン情報

コンピューターと心の病の話

近年コンピューターの機能が急激に進化し、さらに低価格で販売されるようになりました。その影響でほとんどの人がインターネットを日々の生活で活用しています。しかし現代ではインターネットのやり過ぎでいわゆるネット依存に陥る人が急増しています。これはうつ病や肩こりなどの慢性的な疾患を背負うリスクになります。特に若年層ではソーシャルネットワークに依存してうつ病になる人が増えています。コンピューターは便利な道具である事には変わりませんが、使い方を間違えると病気になってしまう悪影響を与えてしまうので注意が必要です。

影響大のコンピュータ使用不可

最近は、ほぼ仕事のほとんどをコンピューターに依存しているでしょう。つまり使えなくなってしまうと影響は、はかり知れないものがあるのが実情です。特に持ち運び用のノートパソコンの中にデータをおかないことを、セキュリティの観点から推奨する時代に遭って、コンピューターが使えなくなるのは仕事が完全にストップするトラブルとなります。仕事が止まる影響を回避するには、こまめにデータのバックアップを取っておくことが望ましい対応になります。ハードウェアよりもデータが使えなくなるのが、より問題が大きくなりますので、最低限そこをクリアできるよう対策を取る必要があります。